1人で悩まないで!女性のデリケートゾーンお悩みランキングベスト3

女性のお悩み
melancholiaphotography / Pixabay

breathe よしだちなつです!

女性のお客様のお悩みをお聞きしていると、デリケートゾーンに関するお悩みが割と多く上がってきます。

私のサロンでは50代以上のお客様が多いので、主に「更年期」における様々なお悩みをお聞きするのですが若い女性の中でもデリケートゾーンについてなかなか相談できず人知れず悩んでいる方も多いはず。

特に出産後の女性の身体は大きく変化し、年々悩みは大きくなっていきます。
また、お客様の娘さんやお孫さんが男性並みにバリバリ働いておられるという話もよくお聞きします。

私は女性専用のサロン経営という職業柄割とデリケートゾーンにまつわる話は同業の友達ともよく情報交換をしたり講演会に行って最新の情報を聞きに行ったりしていますが、これまで本当に知らなかった事ばかりで、日本には若い頃にきちんと伝えることが意識としてとても希薄だと思います。

StockSnap / Pixabay

あなたはお顔をケアするように自分のデリケートゾーンケアもしていますか?

また最新のアンチエイジングはデリケートゾーンのケアが鍵となってきていることもご存知ですか?

お顔のたるみや緩み、乾燥を気にしてあげるのと同様、デリケートゾーンも同じようにきちんとした知識を持ってちゃんとケアしてあげないと大変なことになりますよ。

デリケートゾーンのお悩みはいずれもケアすれば改善しますよ!

悩んでいるなら今すぐケアしましょ!

デリケートゾーンのお悩みの原因はこれだ!

筋肉でできているデリケートゾーンは粘膜を覆っていて粘膜は粘液を分泌しています。
粘液が分泌されているということはそこがいつも潤っているということです。
粘液が分泌されているのでいつも潤っていて細菌の侵入を防いでくれます。

デリケートゾーンも潤っているのが健康な状態です。
しかしストレスが溜まったり、夜更かし、妊娠前後、更年期、閉経前後には身体が冷え血流が悪くなります。

FotografieLink / Pixabay

血流が悪くなると粘膜から分泌される粘液が減って身体が乾き、その結果、デリケートゾーンの粘膜が薄くなり柔らかさが失われてくるのです。

デリケートゾーンが乾いたり硬くなったりするとこんなトラブルが!

潤い、弾力を失い、月経や排卵にトラブルがあるなど、デリケートゾーンが乾いたり、硬くなったりたるんだりすることで様々な問題が出てきます。

デリケートゾーンのお悩みベスト3位 萎縮

デリケートゾーンのお悩みベスト2位 かゆみ、ムレ

デリケートゾーンのお悩みベスト1位 緩み

そのほか、黒ずみ、匂い、おりもの、痔、尿もれ、頻尿、便秘、便漏れ、子宮下垂など。

JerzyGorecki / Pixabay

これらのトラブルはデリケートゾーンの渇きやたるみが原因であるとともに、骨盤底筋の衰えから起こります。

<若返りオイルレシピ>

スイートアーモンドオイル 30ml

ローズゼラニウム 3滴

ラベンダー  3滴

MireXa / Pixabay

入浴時にぜひ全身にオイルを使って湯船に浸かることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?私は若い頃から全く無頓着で、もっと言えば詳しく知らない方が良しと思ってすごしてきていました。

しかし、妊娠、出産を経験し、多くの女性のお身体のお悩みに向き合っているうちにそれは全く違う認識だと感じました。

知識がないのは本当に恐ろしいです。
ストレス社会を生きる日本の多くの女性にお顔と同じように関心を持って、デリケートゾーンのケアについて関心を持って欲しいと願っています。

 

 


コメント